ハワイ体験記(20数年前~思い出のハワイ)

ハワイ&アメリカ体験記 『思い出のハワイ』

ハワイ体験記~思い出のハワイ TOP >>>

メイン州留学の回想Ⅲ/Vol.41

ハワイ体験記 アメリカ、カナダ大陸横断の旅から帰国して、慌ただしく留学の準備にかかった。
準備と言っても身の回り品、辞書など、洋服などの衣類は学生生活なので、ジーンズやトレーナー程度の物で纏めた。一番忘れてはならない物は・・・その当時、私は虚弱体質でその為に普段飲んでいる薬が何種類か有り、当面の薬を持っていく事にしたが、その量が半端ではなく多い。スーツケース半分は薬でいっぱいになってしまった。トホホである。

家族は「どうせすぐに諦めて帰ってくるから、荷物なんてそんなに必要ない」なんてイヤミを言っている。当然、学費は自分が今まで働いたお金で行くわけで、家族の援助は一切受ける事も、つもりもなく、この留学の目的は自分の中でははっきりして明確になっていたので、誰が止めても揺るぐ事はない。 とにかく行く事に気持ちが向いていたので、友人などからも反対されたが、耳を傾けず自分の思うままに行動した。

渡米まで数日となり、今までお世話になった方々への挨拶回りなどであっという間に、出発当日になった。空港への見送りも断った。気持ちは定まっていたが、やはり何となく気持ちが沈んでしまう気がしたし、後ろ髪を引かれるような感じもしたので、一人で行った。
チェックインを済ませ搭乗までの時間の間があるが、ここで色々と考えた。
自分の心に決めたのは、「何があっても自分自身が納得するまで頑張る。絶対に弱音を吐かない。日本へは目的達成するまで戻らない」これを自分の中で強く思た。

搭乗案内があり、飛行機に乗り込んだ。行きは、成田ーデトロイト経由NYーメイン。
飛行機が成田を離陸する瞬間、「この地を今度踏むのはいつなのかなぁ・・・?」と思った瞬間、涙がこみ上げてきた。やはり家族から離れ、誰も知らない異国の地へ行く、それも旅行ではなく生活する、帰れるめどなどないから何年先なのか・・・?でも、そんなセンチになってはいられない。これから一人で誰に頼る事無くやって行かなければならないのだ。
今までの人生は、家族もいて、友人もいて、何不自由なく生きて来れた。
その分わがままな事を言っても、誰か聞いてくれたが、これからはそうはいかない。

人生の中で2度目の決断だった。最初は、幼少の頃から芸能関係にいたけど、その道で行くのか、別の道で行くのか・・・周りは当然その道で行くと思っていたようだが、私は別の道を選んだ。
この時も、まわりから色々と言われたけど、自分の選んだ道だから後悔しなかった。
今回も自分で撰んだ道、絶対に後悔 したくないし、目標達成したい。
今までの甘かった自分を変えたい!!
その為には崖っぷちに立たないとなかなか変えられないから遠いメインを撰んだ。
メインまでは、さすがに友人達も「会いに行くね」とは言わないと思っていたが、事実案の定に誰も言わなかった。NYやロスなら行けるのに、なんでメインなの?と言われた。
一人になってやってみたいからだ。

乗り継ぎの時間など、トラブルがあり、メインまで18時間くらいかかったと思う。
いよいよメインへ到着したけが、初めてメイン州の地に降りて驚いた。
あまりに何もなく、殺風景な感じで、空港も小さない。。。
これからここで本当に生活出来るのか・・・?いきなり不安が襲ってきた。
到着したのが深夜だったので、空港内のホテルに止まり、翌朝大学へ行く事にした。
ホテルから見える町並みも、高層ビルもなく照明も殆どない・・・
自分で決めたんだからやるしかない、と自分に気合いを入れて朝を迎えた。
タクシーでキャンパスへ到着。どこへ行って良いのか分からず、いきなりドーム(学生寮)に行ってしまった。これがまた、運が良く、その寮に空き部屋が1室あり、すんなりそこに入れた。後から知ったのは、ここの寮はここに入りたくて待っている人が沢山いて普通は入れない寮らしかったが、間違って行たが為に逆に良い結果となった。

ルームメイトはカナダからの学生さんのメアリー。片言しか英語が分からない私にとても親切にしてくれた。メインで最初の友達だ。その日の内に、ベッドのフトンやタオルなど、身の回りの物をそろえなくてはならない。メアリーの友人が車を持っていたので、リンダがショッピングセンターに連れて行ってくれる事になった。なぜか、本当に全てスムーズに事が運んでいる。寮の責任者などにも挨拶をしに行ったり、一日で全てをやりおえて、さすがに“お疲れさん!!”だった。

次の日に最初は大学が運営しているESLに入り、英語がある程度出来るようになってから、普通の授業を受ける事になっていた。まずはESLクラス分けのテストを受けた。先生も驚いていたのは、リスニングはすごく良いのに、ライティングは最悪!!真ん中より上のクラスに入ったが、先生にお願いして少し低いレベルからスタートとなった。
クラスは15名。日本人は私だけ!こんな状態からメインの生活が始まった。
最初はキャンパスが広いから迷子。自分のドームまで帰れなかったりと、日々色々なハプニングの連続で、やっとメインの生活に慣れたのが2ヶ月くらい立ってからだったと思う?

日本の家族についたら直ぐに連絡先を知らせると言いながら、慣れる事に夢中だった私は家族に連絡したのも2ヶ月後だった。こっぴどくしかられた事は言うまでもない。
一時が万事こんな感じで始まったメイン州留学だったのである。

次に進む

<< 前のページに戻る


HAWAII PR もっとハワイを堪能しよう!

Hawaii de Manabu ハワイで学ぶ!

Hawaii de Kurasu ハワイで暮らす!

Hawaii お役立ち・ガイド



ハワイで学ぶ・留学

ハワイのサマースクール

ヒルトンのタイムシェア

ヒルトン・グランド・バケーションズ

ビジネスクラスで行くリゾート旅行を当てよう!キャンペーン実施中

ハワイの写真 Vol.1

ハワイの写真 Vol.2

アロハロード・インコーポレイテッド