ハワイ体験記(20数年前~思い出のハワイ)

ハワイ&アメリカ体験記 『思い出のハワイ』

ハワイ体験記~思い出のハワイ TOP >>>

初めてのケベック/Vol.30

ハワイ体験記 10月に入り、金曜日から3日間大学全体がお休みがある事を知り、仲の良い仲間でカナダのケベックに車でミニトリップに行く計画が出た。
行くメンバーは、エド、エリック、イアナ、私、マリアの5人。ケベックはフランス語なので、ニース出身のエリックやフランス語が話せるエドが行く事で大助かり。車はイアナが持っているので問題ない。宿泊は現地に行って安いホテルを探す事になった。

1週間後に出発なので、ブックストアーでガイドブック(全部英語)などの情報収集。
メインからケベックまでは片道5-6時間、国境を越えるのでパスポートが必要だ。
私は留学生なので、スチューデントオフィスで、再入国許可証みたいな物を学校から発行していかないと、入国の際ややこしくなるそうで、イアナが教えてくれたので焦ってそれを取りに行った。
ケベックは10月に入ればもう大雪が降っているそうで、完全武装も必要。と言っても、みんなメインから行くわけだから普段来ている物を持っていけば良いだけだけどなぁ。
これが東京から直行となるとあの寒さを知らない訳だから、結構大変だったと思う。
アメリカはそう言う意味では、どこへでも気軽に行けるので良いと思う。
日本から海外というとすごく遠いところへ行くような気がするけど、アメリカ本土の違う州から違う州へ行くのは、日本の国内旅行のようなものだ。車で行くので荷物も持ち歩くわけではないし、普段使っているボストンバックに着替えなどを詰め込んだだけ。
みんなは夜のクラブが結構楽しみなようで、ドレスまで詰め込んでいた。(驚)

いよいよ出発当日、朝早くにドームを出る…最初はエドが運転してくれた。
みなれた田舎道というか、のどかな道をまっすぐ走り、途中からフリーウエーに乗る。
マップをみんなで見ながらエドに指示を出す。途中何度か休憩しながら景色は段々メインとはまた違う雪景色のカナダに近づく。途中で国境を越えるため、カナダへの入国検査の検問所を通る。パスポートを各自が出して、その間に車のチェックもされる。無事入国??いよいよ雪のケベックへ。
カナダへは以前行った事はあるけど、バンクーバー、カルガリー、ナイアガラとケベックとは別方向。以前行ったカナダをイメージしていたけど、ケベックは全然違っていた。

なんとかケベックの町中へ到着。早速今夜泊まるホテル探しだ。
エリックがフランス語で交渉。だけど、不思議とエドの方が話が通じている??なんでフランス人の話すフランス語より、アメリカ人の話すフランス語の方が通じるのか不思議だった??
エドは普段から愛嬌があり面白いけど、エリックはどちらかというと、少々お高い人。
この旅行でエリックの性格が全て表に出て、この後結構大変だった。
ともかく、エドのお陰で安いけどまあまあなホテルを確保出来た。早速荷物を部屋へ運ぶが、何故かこの時期ケベックは観光客が多く、私達は一つの部屋に5人で泊まる事になってしまった。…別に男性と言ってもエドは(ゲイ)だし、エリックはわがままなおぼっちゃま。あまり男性を意識しないでよい、と女性陣3人は思っていた。

部屋へ入り、シャワーを浴びてこの日は近場を観光してその後、ディナーに行く。
ケベックは沢山の教会があり、本当に美しい建物が沢山あり感動した。町中から少しはずれた所まで車を走らせたけど、結構山の中まで入っていたようで(夜で暗くて見えない)途中何か大きな物体に遭遇。エドが大きいな声で「絶対に窓を開けるな」と叫ぶ。何が何だか分からない私達。マリアがムース??と言う。どうもそうみたい。えームースがこんな近くにいるとは??都会育ちの私には考えられない?本当は写真でも写したかったけど、夜道で人もいないし、あの大きなムースにひとつきされた事にゃ・・・大変。とにかくムースが離れていくのをじっと車の中で待っていた。どれくらい時間が経過したかは分からないけど、ようやくムースもいなくなり、車を走らせて町に戻る事に。こんな経験、したくてもなかなか出来ない本当に良い経験が出来た。
 (ムースはシカの一種です。)

町に戻り、すっかり夜も遅くなりつつあり、お腹も空いているのでまずは食事。
ここで、おぼっちゃまのエリックのわがままが始まった。みんなは手軽に食べれるパスタで良いというのに、彼は「あれが嫌いこれが嫌い」ともうみんなウンザリ。しまいにはエドがあきれてエリックに一人で食事に行けと文句を言い出してしまった。それでも懲りないエリックだったが…
4対1に別れ私達はパスタを食べに行く。エリックも仕方なくエリックもついて来た。
ここまでわがままだったとは皆知らなかったけど、これから2日間一緒に過ごせるのか?
お腹もいっぱいになり、夜のケベックの町をブラブラ歩き、おみやげなどを見て、この日は疲れているので、ホテルへ戻る。

ホテルではどこに誰が寝るのか、またエリックがみんなからの注目をあびていた。
明日、またこんな事があればきっと一番の番長のイアナが黙っていないだろう!
この夜は疲れてみんな爆睡。

次の日の朝、7時には全員起きシャワーを交代で浴びて、モーニングコーヒーをのみに出掛ける。おしゃれなエリックはまたもやドレスアップ。何枚着替えを持ってきたのだろう?
朝早くのケベックは空気も新鮮だしすごく気持ちが良い。
今日は色々な教会巡り。古い建物が沢山並び、それはみごとだった。写真も沢山撮り、賛美歌を耳にし、全員がうっとりしている。有名な教会は沢山の方が見学に来られていて、時間が制限されている。

カナダといってもこんなに違うんだなぁ?…バンクーバーとかは全然違う景色。
思わず私は地図で再確認してしまったが、ケベックに来られた事に感謝した。
昼間は観光をし、夜はみなさんが大好きなクラブへ行くが、流れている音楽がフランス語で歌っているので、ちょっと不思議な音楽に聞こえる。
明日はもうメインへ帰るので、みんな遅くまで遊び深夜にホテルへ戻り、またもや爆睡だった。

早朝目覚めた私とエドは二人でホテルの周りを歩いてみた。エドはとても繊細な人で、メインに行って少ししてから出逢った友達だ。私の勉強をよく手伝ってくれて、相談にも乗ってくれる頼りになる友人の一人。ソーシャルワーカーになるのが目標で、そのほか色々な国の言葉も勉強していた。ただ、彼はゲイなので、それを嫌う人もいるので繊細な彼はなかなかうち解けられない性格なのだ。しかし、私とはなぜか仲が良い。私もエドにはなんでもいえるし、話しやすい。
お互いが繊細で変わり者なのだろうか、、、
二人でコーヒーを買い、今後の事なども色々と話、良い時間を過ごした。
ホテルへ戻るとみんな起きていて、荷物のパッキングをしている。帰りは交代で運転する事になった。最初はイアナ、次はエド、途中私。でも慣れない道は怖いので、結局エドがほとんど運転してくれた。果てしなく続く雪道を周りの景色を見ながらお菓子を食べメインへ向かった。途中、またもや大きな動物と遭遇。名前は分からないけどとにかく大きい。自然が沢山あるケベック。良い思い出作りになった。

メインへ到着したのは深夜になったが、本当に良い時間を過ごせた。
明日からまた勉強だ、頑張ろう!

次に進む

<< 前のページに戻る


HAWAII PR もっとハワイを堪能しよう!

Hawaii de Manabu ハワイで学ぶ!

Hawaii de Kurasu ハワイで暮らす!

Hawaii お役立ち・ガイド



ハワイで学ぶ・留学

ハワイのサマースクール

ヒルトンのタイムシェア

ヒルトン・グランド・バケーションズ

ビジネスクラスで行くリゾート旅行を当てよう!キャンペーン実施中

ハワイの写真 Vol.1

ハワイの写真 Vol.2

アロハロード・インコーポレイテッド