ハワイ体験記(20数年前~思い出のハワイ)

ハワイ&アメリカ体験記 『思い出のハワイ』

ハワイ体験記~思い出のハワイ TOP >>>

ハワイに夢中/Vol.2

ハワイ体験記 今ではハワイのローカルの人たちも、あまりムームーを来ている人は少なくなったけど、当時はほとんどの人がムームー、お店の店員さん、オフィスで働いている人たち、道行く人も、本当にムームー姿が多かった。・・・と言うことで、私もグランパーとグランマーに連れて行かれてムームーをオーダーすることになりまして!? 一枚は赤の地に細かいお花のプリント、もう一枚はうすーいピンク??

初めてのムームー、気分はハワイアン!もともと私はハワイでは日系人に間違われる顔をしているようで、話しかけられるのはほとんど英語?私の中で「英語なんとか話せるようになりたい」と言う気持ちがひしひしとわいてきたのもこのハワイ旅行でした。
2週間という時はあっという間に過ぎましたが、中味の濃~いハワイ旅になったのは間違いなし!

アロハスタジアムのフリーマーケットにも行き、パールシティにあるちょっと変わったお店、「モンキー・バー」ここは食事も出来るレストランなのですが、バーの所に大きな水槽のような物があり、その中に沢山のサルがいて、ニッチなお店。でも残念ながら、今はもうありませんが・・・・ショック!
ハワイはお店の移り変わりもすごく早く、私の記憶にあるお店、たとえばワイキキ、26年前と今では当時あったお店を数えた方が早いくらいに、消えていってしまった?
帰国に向けてカウントダウンに入り、気分はセンチメンタル・・・帰りたくないモードのスイッチがバチ、と入り帰らないでいい理由などを考えたりしました。

グランパーは、ムームーやアロハをGUAMに輸出販売のビジネスで成功された方で、グランパーの口癖は「Do something」アイデアがあれば何でもやって見なさい、ハワイにいる間この言葉を何度聞いたことか・・・未だに同じ事を言います、そんな影響もあり、そしてもともと私自身が経営者になりたかったので、ビジネスにはすごく興味がありました。ハワイにいる間、行くところ行くところ何かビジネスになる物はないか、いつも考えていました。・・・ビジネスするには資金が必要だしなぁ~と自問自答の繰り返しです。

この初めてのハワイの旅は、私にとって本当に学ぶことが沢山あり、「いつかきっと何かをやる」と自分の中で決断した旅でした。
・・・いよいよ、帰国日。
帰国日はスタンレーファミリー全員がエアポートへ見送りに来てくれて、もうダメ。
涙が止まらず、でもグランマーが「またすぐこれるから大丈夫」と言ってくれて、単純な私は「そうだ、また直ぐ来ればいいんだ!」と気持ちを切り替えて日本へ帰国しました。
成田上空へ向かうにつれ、窓から見える景色、なんとなくどんよりしている空、現実に戻ったのを実感です。!・・・この当時から日本の空は“どよ~ん”としていたのですね。

日本へ戻ってから、“即行動”なタイプの私は、色々な範囲で情報収集を始めました。今とは違い、インターネットなどなかった時代だから、情報を入手するのも困難を極めました。
それと同時に、次にハワイへ行く日程を決め、まずは渡米のための資金作り。
初めてのハワイは初夏だったので、今度はクリスマスに決定。四季を通してハワイをまずは見てみたいと思ったのです。

当然昼は某企業で仕事をしていましたので、仕事が終わってからのバイト探し。
バイトも色々なバイトをやりましたが、何故かお○の商売だけは肌に合わずやりませんでした・・・?
昼は企画、営業の仕事、夜は知人の輸入家具のお店の手伝いと、深夜は旅行のプランンナーの仕事をし、休みなしに働いた。人間目標があるとそれに向かって進めるから、目標はすごーく大切!・・・と言うことで何とか渡米するmoneyは確保できた。

お小遣いは特に何かが欲しいわけでもなく、行かれるだけでも幸せと思わないとならない。
それにしても私の“ハワイへのドリーム” そう、Dream come tureはこうして一歩一歩実現に向かって進んでいった。この時から数えたら、ハワイ渡航はもう100回以上になるでしょう!!

「なんでそんなにハワイが好きなの!?」 と良く聞かれるけど、理由はない。
・・・好きだから好き、が理由である。

次に進む

<< 前のページに戻る


HAWAII PR もっとハワイを堪能しよう!

Hawaii de Manabu ハワイで学ぶ!

Hawaii de Kurasu ハワイで暮らす!

Hawaii お役立ち・ガイド



ハワイで学ぶ・留学

ハワイのサマースクール

ヒルトンのタイムシェア

ヒルトン・グランド・バケーションズ

ビジネスクラスで行くリゾート旅行を当てよう!キャンペーン実施中

ハワイの写真 Vol.1

ハワイの写真 Vol.2

アロハロード・インコーポレイテッド